作成者別アーカイブ: sasquatchodyssey

クリ責め

僕はカノジョが作るトマトパスタが好きだった。過去形なのはその通りに過去の話だからだ。
僕たちは友達の紹介で知り合って懇意となった。一時期は同棲するくらいまでの仲だった。その頃によく彼女が作ってくれたのがトマトパスタだったのだ。もっとも、そう料理にレパートリーがあった子ではない。それでも、トマトパスタには拘っている感じだった。ただ、一つだけ不満があったのは、彼女の使うマッシュルームがホールだったことだ。僕はマッシュルームはスライスの方が好きだった。しかし、それは些細な問題だった。余計な事を言って、彼女自慢のトマトパスタにケチをつけるなんて、カレシとしてはあってはならないことだと思っていた。
もちろん、毎晩のように寝た。印象に残っているのは、きれいにポッコリと皮から顔を出したクリトリスだった。トマトパスタの後のクリトリスは格別だった。僕がクリ責めすると、身をよじって悶え喜んでくれた。まさにクリ責めしたくなる、甘噛み易い秀逸なクリトリスだった。
相互オナニーを続けていた女子大生とオフパコする約束に成功
だが、僕たちの別れのきっかけになったのもトマトパスタだった。僕はある時、ついつい「マッシュルームはスライスの方がいい」とこぼしてしまったのだ。すると彼女は「そうかしら?」とちょっと不満げだった。そこで僕は引けばよかったのだが、「ホールだとマッシュルームを食べているのかパスタを食べているのかわからなくなる」と力説してしまった。すると「じゃあ誰かに自分の好きなパスタを作ってもらえばいいでしょ!」と切れられたのである。
そして、それがきっかけとなり、僕たちは気まずくなって別れた。何てしょうもない理由なのだろう、とは思う。しかし、長年連れ添ってきたカップルが別れるきっかけなんて、おそらくこんなものだ。
そこから僕は独り身だ。最初こそ自由気ままに楽しんでいたが、パートナーがいない日々は僕を孤独の闇に蝕んでいった。なぜ、お互いに分かり合おうと努力しなかったのだろうか。そこで僕はホールを使ったパスタを作ってみた。僕がスライスの方がいい理由とは逆に、彼女がホールを使っていた理由があるはずだ。
すると、ホールの食感が彼女のクリトリスの噛み心地に似ていることに気づいた。もしかしたら、彼女はクリ責めを求めて、クリに似ているホールを使っていたのかもしれない・・・しかし、今となってはそれもこじつけだ。僕は泣きながらパスタを食べ続けた。
無修正のマンコ
マンコ画像

セックスしないでお金を稼ぐ

うちの会社に4月から派遣されているタカコさんはいわゆるスーパー派遣社員だった。派遣社員なんてアルバイトに陰毛が生えた程度の存在だろうと高をくくっていた僕だが、彼女の働きには舌を巻いた。もし正社員雇用とでもなったら僕の地位なんてたちまちタカコさんに奪われてしまうだろう。しかし「ああ、でも私、9月までの契約なんで」とタカコさんは言っていた。
タカコさんはスタイル抜群でルックスもよくて、特に僕の上司は彼女を狙っていたようだが「飲みに誘っても断られるし全くなびいてくれないんだよ」とぼやいていた。定時までにびしっと仕事をこなしてだらだらと残業している僕たちをしり目にサクッと帰っていく。年下の女性ながらその姿はカッコよさに溢れていた。
そんな頃、僕は知人に誘われてある出会い系サイトに出入りしていた。僕自身もセックス相手に飢えていたこともあった。そして、そこにタカコさんがいた。彼女は出会いを求めていたわけではない。露骨に援助交際目的だった。
僕も最初は派遣社員と出会い系サイトのタカコさんが同一人物とは思わなかった。ただ、普通にタカコさんと言う名前に惹かれてコンタクトを取ってみただけだった。しかし、待ち合わせ場所に現れたのはまぎれもなく派遣のタカコさんだった。
本当にお金に困ったら
別に彼女は僕を見て驚きもしなかった。「奇遇ですねえ」と面白がって、抵抗もなく抱かせてくれた。
「セックスしないでお金を稼ぐのも限度があるんですよね」と、タカコさんは派遣社員では足りないお金を援助交際で稼いでいたのだ。そんなに生活が苦しいの?と聞くとそんなことはないらしい。
「夏の間に稼げるだけ稼いで冬は何にもしないのが私のスタイルなんです」とタカコさんは言っていた。冬の間に楽をするために貯蓄するには、セックスしないでお金を稼ぐだけでは足りないそうだ。その辺は「夏はフル稼働なんですよ」とタカコさんはスパッと割り切って貯蓄のためのセックスをしていたのである。
こうして、9月になり契約満了となったタカコさんは会社を去っていった。そして、出会い系サイトのタカコさんも姿を消した。
「私なんて、夏にしか出てこない冷やし中華みたいなものですよ」
最後にタカコさんを抱いた時に彼女はそう言っていた。来年の夏、また冷やし中華を食べることができるのだろうかと、僕は腰を振りながら思った。
パパ募集掲示板
食事バイト

プチ援

プチ援って、サイテーな気分の時、サイテーな自分を演出してくれるという点においては、非常に使いやすいものだよな。
俺、彼女に逃げられた時によくプチ援の子呼ぶよ。
金払って、抜いてもらって、それでイヤな気分になって、それで女に逃げられた最低な気分を別の最低な気持で上塗りすんの。
二種類の最低な気分で、最低さを分散してなんとかやり過ごすわけよ。
プチ援の子なんて、どうせ最低な気分の男に慣れてるんだろ。みんなやけくそになってるわけだろ。
多少当たり散らされても、クサクサした気分をぶつけられても、それもプチ援の仕事のうちだろ。
オナ電を希望する20歳の女子大生と相互オナニーをする
俺さ、最低なのは分かってんだけど、付き合ってる女、殴っちゃうんだよね。
最初は小突く程度なんだけど、エスカレートしちゃうの。
自分の思い通りにならないと、腹立ってしょうがないんだよね。
そういう俺の悪癖で、女に逃げられて、いつも最初は次こそ大事にするって誓うけど、ダメで。
やっぱり親父の血を色濃く受け継いじゃってんだなと毎回自己嫌悪。
プチ援の女に金払うくらいしか、もう無理なんじゃないかと思う。
普通の女と普通の家庭とか、そういうの、諦めたほうがいいかもしれない。
プチ援の子だって、こんな最低な男とばっかりで、向こうだってクサクサしてるんだろうにな。
なんか、行き場がなくて、すごいダメ。サイテーなの分かってて、そのサイテーからら抜け出せない。
かといって、カウンセラーとかまでは行きたくないし。
いずれ、俺、誰かを回復出来ないまでに傷つけてしまうんじゃないかと、それが怖い。
プチ円
プチ援助交際

使用済み下着

 21歳のフリーターの僕の性的好みなのですが、女の子の下着なんです。
匂いフェチってやつなんでしょうね。
下着ドロなんかが、よく洗濯してあるパンツを盗んだりしますけど、そういうのには全く興味がない。
洗ってないやつが良いんですよ。
使用済み下着、臭いとかシミが付いているやつ、これが最高なんです。
たまらない気分になって、震えてしまったりもして。
今でこそ、使用済み下着を手にいれる方法を覚えたのですが、まだそれが分らなかった頃は、ひたすら悶々としていました。

 ニュースなんかで観たことがあるんですけどね。
JKを脅して、パンツ脱がして盗んで逃げるなんてやつ。
いくらなんだって、そんな泥棒みたいなことやっていいわけもなく。
何とか、女の子の使用済み下着を手にいれる方法はないものか?と思案していました。
ネットでいろいろ調べてみたのですが、個人的に売ってお小遣い稼ぎをしている女の子たちがいることが分かったんです。
これしかないじゃん!と、瞬時に思いました。
できれば目の前で脱いでもらえば嬉しいんですけどね、それができなくても使用済み下着なら問題ない。
それで、某掲示板を利用してみることに。
投稿がたくさんあるのには驚かされます。
パンツ2000円とか3000円で売っちゃうんですよ。
手渡しも可能のようで、掲示板を見ているだけで股間が熱く反応をしてしまったのでした。
とにかくメールを送らなければ意味がない。
売っている女の子たちに、連絡を取ってみました。
トイレでフェラチオをする

 真っ先に返事を送ってくれたのが、19歳の女子大生。
「手渡しできます。3000円でお願いしたいって思ってて。結構汚れてます」
手渡し・・・完璧だと思いました。
日取りを決めて、待ち合わせしてみることにしました。

 もう、ヤバイんですよ。
めっちゃ可愛い顔の女子大生がやってきてくれたんですから。
使用済み下着をカバンから出して見せてくれました。
くらくら来ました。
お金を支払うと、笑顔で「ありがとうございます」って言ってもらっちゃって、その笑顔を脳裏に焼き付けました。

 その後どうしたかと言えば、女子大生の臭いを味わいながらシコシコしました。
簡単に、女の子の使った後の下着が手に入るなんて、もっと早く手を出していればって感じでした。
支援してくれる人
神待ちサイト

28歳男性会社員(ゲイ)の同性掲示板体験

都内在住の28歳男性です。
大学のときに、自分は同性にしか興味を持てないことに気づきました。
それを教えてくれたのは、同じゼミにいた友人でした。
ゼミには、女性も何人かいたのですが、私が男ばかりに目線を送っていると言われたのです。

話は戻りますが、私のアナルを開発したのは彼女です。
きっかけはラブホにあった、アナルバイブを面白半分に私のアナルに入れたことでした。
それ以来、彼女との性行為中、私のアナルにバイブを入れないとイケなくなってしまったのです。

そのゼミの友人は、ゲイでした。
気が付くと、いつのまにか彼とはセフレになっていました。
ところが、大学4年の夏に交通事故で彼が急逝してしまったのです。
ぽっかりと空いた穴(アナルじゃないですよ)を埋めるように、検索サイトで「出会い ゲイ」と入力してパートナーを探しました。
それが、イククルの同性掲示板でした。
多くのゲイのメッセージがありました。
最初は、同年代の男性との出会いを探していました。
それが、いつのまにか一回り上のゲイの男性との出会いが増えました。
それは、亡くなったゼミの友人のことを理解してくれる人は年上のゲイだけだったからです。

しかし、人間とは不思議なものです。
社会に出て、仕事が忙しくなると割り切った付き合いのほうが楽になったのです。
友人ことより割り切りった付き合いが増えました。

イククルで知り合った人達、3人で1泊の温泉旅行に行ったときのことです。
まだ、湿っていないアナルにメリメリといった感じでペニスがめり込んでくるときの感触は耐え難いものがあります。
バックから突かれた時に私のチンポを下から咥えられました。
そのときには、チンポの先からガマン汁が流れ出ていました。
下になった人の唾液とガマン汁でヌルヌルになった亀頭を、手でこねくり回され発射寸前になりました。

突かれるスピードがMaxになったとき、チンポは破裂するようにはじけました。
自分にとってゲイは、なくてはならいないものになっています。
これからも割り切りの出会いは続けてきます。

19歳キャバ嬢の愛人体験

私の働いてるキャバはお客さんの年齢層が結構広めで若い人から年配の方まで来るんですけど、
お店で冗談っぽく「愛人募集中です」って言うと結構くいつく人多いんですよね。
おじさんばっかりかと思いきや結構若い人でも本気にする人多いんですよ。

最初はネタで愛人募集って言ってたんだけど、結構真剣に条件とか言ってくる人もいたりして、
その条件とかきくとそんなに悪くなさそうだし、今すぐにっていうわけではないけど、ずっと夜働くのも疲れちゃうから、
20歳くらいになったらそういう生活も悪くないのかなぁとか思っていたりしたんです。

そんなことを考えていたら、お店の先輩で年齢も私より5つ上なんですけどお金もちのお客さんの愛人やってるっていう話を聞いて、
そのお客さん私もお店に入ったばっかりのときに何度かヘルプでついて話したことある人だったからすごいびっくりしました。

詳しく聞いたら体の関係もあるような愛人関係みたいで、ただの枕でもお客さんとして繋ぎとめるのってかなり大変なのに、
セックスありの愛人関係ともなるとお店にお客さんとしてはこなくなるものだと思ってたので、
愛人になった今でもかなりのペースでお店にもこさせてるっていうのには特におどろいたんですよね。
その辺の関係も含めた愛人関係だってことで、すごいなぁと思いました。

なんだか話聞いてると愛人って案外悪くもなさそうなので、私もいつもネタで言ってる愛人募集だけど、
次によさそうなオファーがあったらちょっと冒険してみようかなって思っちゃったりしてます(笑)