支援してくれる人

「支援してくれる人がいたら、すぐにでも上京したいな」とポンタは常日頃言っていた。
ポンタは僕の幼なじみで、生まれた場所も誕生日も一緒だ。親同士も交流があり、僕たちはきょうだいのように育ってきた。子供の頃から、親しみを込めてポンタと呼んでいるが、れっきとした女性だ。
とにかく何もない村だが、自然は豊かである。よくポンタとの山を駆け巡ったものだ。僕とポンタは共に遊び共に学び共に世界を知っていった・・・男女差が出てくる性徴期に入るまでは。
お互いに性の違いを意識し始めてから何だかポンタと会話がしづらくなった。疎遠になったとまでは行かないが、あいさつを交わす程度の関係へと変わっていった。遠巻きに見るポンタは、胸もお尻も大きくなりみるみる女性っぽさを増して行った。「いつまでも子供の頃みたいにポンタって言わないでよ」と拗ねるポンタがかわいらしく思った。
パトロンの意味
高校生の頃、ポンタと寝た。お互いに性に興味津々の頃である。しかし、周りには僕にとってはポンタ、そしてポンタにとっては僕くらいしか、同世代の若者がいなかったのが現実だ。「まあ、いいや。やっちゃおか」とポンタは軽いノリで股を開いてくれた。僕はその日のために、親と町に買い出しに行った時にこっそりとコンドームを買って備えていたのとは対照的だ。
だが、こんな過疎化が進む村にしがみつく若者はいない。僕の親もそれを分かっていて、僕を東京の大学にやってくれた。村に残って親の家業を手伝うことを決めたポンタとは一旦別れることになった。ポンタには支援してくれる人がいなかったのだ。だが、ポンタは拗ねることもやっかむこともなくて「行ってらっしゃい」と明るく僕を見送ってくれた。
しかし、4年後、僕は村へと帰ってきた。親の農家を継ぐためだ。これは僕の意志である。僕はこの村が好きだし、そしてポンタのことはもっと好きだ。だが、もう村にはポンタはいなかった。帰ってきた僕と入れ替わるように、都会の男性に見初められて嫁に行ったのだそうだ。ポンタは支援してくれる人を見つけたのだ。
ポンタがいなくなった村は僕にとっては空虚な世界だった。もし、僕が大学に行かずそのまま農家を継いでいれば、今頃、僕の隣にはポンタがいたかもしれない。今、僕はこんな自分を支援してくる人を出会い系サイトで探している。
お金の支援
デブのパパ活