月別アーカイブ: 2019年10月

クリ責め

僕はカノジョが作るトマトパスタが好きだった。過去形なのはその通りに過去の話だからだ。
僕たちは友達の紹介で知り合って懇意となった。一時期は同棲するくらいまでの仲だった。その頃によく彼女が作ってくれたのがトマトパスタだったのだ。もっとも、そう料理にレパートリーがあった子ではない。それでも、トマトパスタには拘っている感じだった。ただ、一つだけ不満があったのは、彼女の使うマッシュルームがホールだったことだ。僕はマッシュルームはスライスの方が好きだった。しかし、それは些細な問題だった。余計な事を言って、彼女自慢のトマトパスタにケチをつけるなんて、カレシとしてはあってはならないことだと思っていた。
もちろん、毎晩のように寝た。印象に残っているのは、きれいにポッコリと皮から顔を出したクリトリスだった。トマトパスタの後のクリトリスは格別だった。僕がクリ責めすると、身をよじって悶え喜んでくれた。まさにクリ責めしたくなる、甘噛み易い秀逸なクリトリスだった。
相互オナニーを続けていた女子大生とオフパコする約束に成功
だが、僕たちの別れのきっかけになったのもトマトパスタだった。僕はある時、ついつい「マッシュルームはスライスの方がいい」とこぼしてしまったのだ。すると彼女は「そうかしら?」とちょっと不満げだった。そこで僕は引けばよかったのだが、「ホールだとマッシュルームを食べているのかパスタを食べているのかわからなくなる」と力説してしまった。すると「じゃあ誰かに自分の好きなパスタを作ってもらえばいいでしょ!」と切れられたのである。
そして、それがきっかけとなり、僕たちは気まずくなって別れた。何てしょうもない理由なのだろう、とは思う。しかし、長年連れ添ってきたカップルが別れるきっかけなんて、おそらくこんなものだ。
そこから僕は独り身だ。最初こそ自由気ままに楽しんでいたが、パートナーがいない日々は僕を孤独の闇に蝕んでいった。なぜ、お互いに分かり合おうと努力しなかったのだろうか。そこで僕はホールを使ったパスタを作ってみた。僕がスライスの方がいい理由とは逆に、彼女がホールを使っていた理由があるはずだ。
すると、ホールの食感が彼女のクリトリスの噛み心地に似ていることに気づいた。もしかしたら、彼女はクリ責めを求めて、クリに似ているホールを使っていたのかもしれない・・・しかし、今となってはそれもこじつけだ。僕は泣きながらパスタを食べ続けた。
無修正のマンコ
マンコ画像

セックスしないでお金を稼ぐ

うちの会社に4月から派遣されているタカコさんはいわゆるスーパー派遣社員だった。派遣社員なんてアルバイトに陰毛が生えた程度の存在だろうと高をくくっていた僕だが、彼女の働きには舌を巻いた。もし正社員雇用とでもなったら僕の地位なんてたちまちタカコさんに奪われてしまうだろう。しかし「ああ、でも私、9月までの契約なんで」とタカコさんは言っていた。
タカコさんはスタイル抜群でルックスもよくて、特に僕の上司は彼女を狙っていたようだが「飲みに誘っても断られるし全くなびいてくれないんだよ」とぼやいていた。定時までにびしっと仕事をこなしてだらだらと残業している僕たちをしり目にサクッと帰っていく。年下の女性ながらその姿はカッコよさに溢れていた。
そんな頃、僕は知人に誘われてある出会い系サイトに出入りしていた。僕自身もセックス相手に飢えていたこともあった。そして、そこにタカコさんがいた。彼女は出会いを求めていたわけではない。露骨に援助交際目的だった。
僕も最初は派遣社員と出会い系サイトのタカコさんが同一人物とは思わなかった。ただ、普通にタカコさんと言う名前に惹かれてコンタクトを取ってみただけだった。しかし、待ち合わせ場所に現れたのはまぎれもなく派遣のタカコさんだった。
本当にお金に困ったら
別に彼女は僕を見て驚きもしなかった。「奇遇ですねえ」と面白がって、抵抗もなく抱かせてくれた。
「セックスしないでお金を稼ぐのも限度があるんですよね」と、タカコさんは派遣社員では足りないお金を援助交際で稼いでいたのだ。そんなに生活が苦しいの?と聞くとそんなことはないらしい。
「夏の間に稼げるだけ稼いで冬は何にもしないのが私のスタイルなんです」とタカコさんは言っていた。冬の間に楽をするために貯蓄するには、セックスしないでお金を稼ぐだけでは足りないそうだ。その辺は「夏はフル稼働なんですよ」とタカコさんはスパッと割り切って貯蓄のためのセックスをしていたのである。
こうして、9月になり契約満了となったタカコさんは会社を去っていった。そして、出会い系サイトのタカコさんも姿を消した。
「私なんて、夏にしか出てこない冷やし中華みたいなものですよ」
最後にタカコさんを抱いた時に彼女はそう言っていた。来年の夏、また冷やし中華を食べることができるのだろうかと、僕は腰を振りながら思った。
パパ募集掲示板
食事バイト